安全に原状回復工事をするための基礎知識|業者選びお助けナビ

男女

メーカー系と独立系

女性作業員

エレベーターの保守会社は、メーカー系と独立系があります。技術力と費用がそれぞれ異なるので、目的の合った保守会社を選ぶと良いでしょう。一括お見積りサービスを利用すれば、優良業者を簡単に比較できます。

詳細へ

居心地が良い空間作り

現場作業員

店舗デザインにこだわることで、お客様が喜ぶ空間を作ることができます。名古屋のデザイン会社を選ぶときは、実績豊富な業者を選んでおくと安心です。目的やコンセプトを明確にすることで、デザインも決めやすくなります。

詳細へ

専門業者に任せる

部屋

テナント側は退去をするときに、入居時と同じ状態に戻さなければならないと賃貸借契約で決まっています。その元の状態に戻す工事のことを、原状回復工事と言います。原状回復を行なうためには、内装解体工事やスケルトン工事などさまざまな工事をしなければなりません。また、貸主側と原状回復について内容を確認する必要があるので、専門知識も必要になります。原状回復工事を専門としている業者に依頼すれば、手間と時間をかけることなく、しっかり原状回復することができます。原状回復という大切な工事を依頼するわけですから、信頼できる業者に依頼することが大切です。知識がないという場合は、一括お見積りサービスを利用すると良いでしょう。一括お見積りサービスでは、第3者機関が中立な立場で対応してくれるので、自分が不利な思いをすることなく業者選びができます。また、日本全国に対応しているので、どこに住んでいても簡単に業者を探すことができるので便利です。

原状回復工事にかかる費用は、小規模オフィスの場合は1坪あたり20,000円~50,000円程度になります。中規模以上のオフィスになると、1坪あたり50,000円~100,000円ほどになります。相場を確認しておけば、予想以上の工事費用になった場合も気づくことができます。金額がかなり高い場合は、まず見積内容をしっかり確認してみることが大切です。場合によっては、不要なサービスがある可能性もあります。また、買取サービスを利用してコストを削減するという方法もあります。壊れていない機器を買取してもらうことで、工事費用の資金に充てることができます。