安全に原状回復工事をするための基礎知識|業者選びお助けナビ

女性

メーカー系と独立系

女性作業員

エレベーターを安全に稼働させるためにも、定期的にメンテナンスや保守をする必要があります。保守会社に依頼をして、メンテナンスをするのが一般的ですが、保守会社はメーカー系と独立系の2種類あります。メーカー系とは、エレベーターを作っている会社のことです。メーカー系は、自社系列で製造したエレベーターのメンテナンスだけ対応しています。それに対して独立系とは、メンテナンスをメインとしている保守会社のことで、どのメーカーのメンテナンスでも行なってくれます。独立系にエレベーターの保守を依頼するメリットは、費用の安さです。メーカー系はブランド力を売りにしているので、費用を高めに設定していることが多いです。それに対して、独立系はメーカー系から顧客を獲得するために、費用を休めに設定しているのです。そのため、安い費用でエレベーターのメンテナンスをしたいというときは、独立系の保守会社を選んだほうが良いです。

独立系のエレベーター保守会社は、費用が安いのでコスト削減に繋がりますが、極端に値引きをしてくれる会社には注意したほうが良いです。低品質な保守をして、費用を安くしている悪徳業者も存在するので、騙されないようにする必要があります。優良業者だけを取り扱っている一括お見積りサービスなどを利用すれば、悪徳業者に騙されることなく、最適なエレベーターの保守会社を見つけることができます。費用を比較するだけではなく、サービス内容や実績なども確認して、比較することが大切です。